プロゴルファー渋野日向子はどんな選手?

LPGA黄金世代選手プロフィール

2019年8月、LPGA米女子ゴルフのAIG全英女子オープンを制覇し

日本勢として42年ぶりの海外メジャー大会で優勝した事で一気に知名度を上げ、

スマイルシンデレラやシブコと言った愛称で呼ばれ、親しみやすい印象の彼女ですが

しかしその笑顔とは裏腹に勝負に関しては貪欲で勝気な彼女。

パットを外した時や思い通りにならない時などに時より見せる顔はまさに鬼の形相w

当然プロとしての表情を見せますが、それを笑顔じゃない!

スマイルシンデレラじゃないと言う一部の方もいますが、まだ21歳ですしねぇ。

そんな感情もいい結果につながるならもっと出していって欲しいと思いますね。

ちなみに海外メジャーで勝ったのは日本勢では男女を通じて

1977年に全米女子プロを制した樋口久子(現LPGA顧問)さん以来2人目の快挙なんですよ!

本当にすごい事なのです。

また本来2020年東京オリンピックの代表選手に選出される予定でしたが

2020年の東京オリンピックは中止になってしまい、2021年にむけて選手選考も仕切り直し。

当然渋野選手も2020年~2021年の試合で結果を出せなければ候補からも外れます。

2020年試合の少ない中での渋野日向子はどんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね。

そんな渋野日向子とはいったいどんな選手なのか?

幼少期や過去の成績など紹介したと思います。

プロゴルファー渋野日向子の歴史

渋野日向子(しぶの ひなこ)さんは、1998年11月15日生まれのさそり座のAB型で

岡山県岡山市で誕生し、小学2年の時にゴルフとソフトボールを同時期に始め

幼少期はピッチャーとして活躍!!

中学でも大好きなソフトボールをしたかったのですが、

ソフトボール部が無かった為、軟式野球部に入りました・・・

しかし、同年に行われた岡山県ジュニアゴルフ選手権競技で優勝した事をきっかけに

当時の野球部の監督の助言もあり、ゴルフ一本に絞ることに。

この監督の助言が無ければ、シブコは存在しなかったかもしれないですね。

渋野日向子高校時代

そのお陰もあり岡山県ジュニアゴルフ選手権競技では3連覇の偉業も達成!

その後、関西のゴルフ部の中でも古豪でもある私立岡山県作陽高校に

ゴルフ推薦ではなく一般入試で進学し学費免除のおまけつき!

ついこないだまで高校生の渋野選手が

今では1億円以上稼ぐプレイヤーって言うのもスゴイ話ですね。

ちなみに作陽高校からは、 諸見里しのぶ選手や

藤本麻子選手といった選手を輩出しており、強豪校である事は間違いありません。

高校ではキャプテンなども務め、2015年の全国高等学校ゴルフ選手権大会では

見事団体優勝を決めました。

ちなみにその年の全国高等学校ゴルフ選手権大会個人優勝は

黄金世代の一人でもある新垣比菜(あらかきひな)選手なんですよ。

渋野日向子卒業後

そんな渋野選手は、高校卒業後はプロを目指しプロテストを受けますが、

最終プロテストで3日目までで14オーバーとなった為失格してしまいます。

しかし翌年の2018年に、 サードQT進出者の資格でTP単年登録者をして

ジャパンLPGAゴルフツアーに参戦し、アースモンダミンカップでホールインワンを達成!

初の賞金を獲得!なんと600万円!!と言う高額の賞金を獲得してしまいました(笑)

ですが、渋野選手はその賞金を貯金するどころか、妹にパソコンを買ってあげたり

母親にはサイフ、お父さんにはバッグを買ってあげると言う優しい一面もみせますが・・

残りの賞金で、推定500万円ほどするレクサスNXを購入したのだとかwww

こんな一面からも渋野選手の性格の豪快さが垣間見えますね♪

とは言えプロ入り前ですからねww

ちょっと豪快すぎるお金の使い方かとおもっちゃいました。

その後、同年の7月のプロテストで 14位で見事合格し、JLPGA90期生となりましたが

正直、ここではまだ渋野選手は無名の女子プロゴルファーでした。

そして迎えた2019年!この年に渋野日向子の快進撃がスタートします。

ツアー参戦9試合目となる5月開催の

ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップで見事初優勝を果たすと

その7試合後の資生堂 アネッサ レディスオープンでも優勝!

そしてそして!日本中が熱くなった8月には 全英AIG女子オープン 優勝!!

もうこれはマグレで勝てると言う試合ではありませんので渋野選手の

ポテンシャルの高さが一気に開花したと言うより仕方ありませんよね。

その後も、

デサントレディース東海クラシック優勝!

大王製紙エリエールレディスオープン優勝

そして1年間でツアー優勝者だけが参加できるチャンピョン大会

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ でも見事準優勝!と

まさに2019年のJapanLPGAは渋野日向子の為にあったと言ってもよいでしょう。

もちろんこの結果により、渋野選手は国内女子ゴルフでの賞金獲得額も2位!

その他にも副賞で、ベンツ2台、BMW、ジャガーと4台の車や

ブルガリの高級腕時計、真珠のネックレスやピアス。

化粧品一年分や、面白い副賞では牛2頭なんて言うものもありましたね。

もう副賞だけで数千万円ですよw

とまぁこんな感じで一気に東京オリンピック代表候補にまで登りつめ、

米LPGAで活躍している畑岡奈紗に並ぶ黄金世代を代表する選手へと成長したのでした。

そして迎えた2020年、いったい彼女は私たちにどんな夢をみさせてくれるのか?

注目ですね。

 

コメント

error:Content is protected !!