河本結の歌がうまいと大絶賛の声!海外メジャー制覇を目指す応援ソング

河本結

先日、米LPGAツアーのドライブオン選手権で見事4位入賞を果たし

世界でも徐々に名前が知られてきた河本選手だが、

米ツアーに参加する直前に自身のyoutubeチャンネルで自分に対する応援ソングとして

自らが歌っている動画をUPしたところ、マジでうまい!美声だと大絶賛。

まずはその動画を見て欲しい。

河本結は歌がうまいは事実だった!

実際に河本選手が歌っているこの曲は、2016年に世界中で大ヒットした

レイチェル プラッテンの「Fight Song(ファイトソング)と言う超有名曲。

なので知っている方も多いかもしれないが、この曲は河本結選手が高校を卒業する際

アメリカの大学に行くか、国内でプロテストを受けるか悩んだ時期に、

ハマってずっと聴いていた曲なんだそうだ。

結果的に河本選手はプロテストを受け合格と同時に日本体育大学への進学も決めた。

悩んだ末に決断したプロゴルファーとしての生活と、大学生としての生活。

二足のワラジをはく生活は大変だと思うのだが、

河本選手は国内での活躍にとどまらず2020年ついに海外ツアーデビュー。

ファイトソングで自身を奮い立たせてここまで頑張ってきたんだろう

と言う事が歌を聴いてもらえばわかるのではないだろうか。

歌がうまい、下手ではなく素直に想いが伝わってくる歌声なのだ。

一応、歌詞の内容としては、自分はまだ頑張れる。誰が信じなくても自分は出来る。
と言う自分に向けたファイトソングなのだが、その歌をアメリカに旅立つ直前に
自身で歌う事で海外メジャーに向けての意気込みや
決意と言うものを自身の想いとして表現したのではないかと思う。
とにかく負けず嫌いの河本結選手。
日本のツアーでも活躍していたが、アメリカツアーでも絶対勝つんだ!
自分は勝てる!と言う思い込みが大事だと言う事なのかもしれない。

youtubeのコメントでも

あえてこのコメントがなどと言うつもりはサラサラないが、

勇気をもらえた。頑張る気持ちを思い出した。感動して涙が出た。などなど

コメント欄には好印象のコメントが相次ぎ、ゴルフファン以外の視聴者も増え

ゴルフはよくわからないけど河本選手頑張って!と言う声まで上がっているのを見た私は

う~んこれは・・もしプロゴルファーを引退しても

youtuberとしても十分食っていけるなと思ったねw

まぁ河本選手自身がどこかのインタビューでも

「ゴルフだけが人生ではなく、その後の人生の方が長い」とコメントしていた事からも

ゴルフを辞めても大丈夫なように大学に行ったりYoutubeを始めたりと

自分のあらゆる可能性を残しているのかもしれない。

 

コメント

error:Content is protected !!