河本結が無事に大学卒業!

河本結

昨年、米LPGAツアーにも参戦し、活躍の場を国内から国外に広げた河本結選手。

この事からもアグレッシブな印象を受ける河本選手ですが、

アメリカツアーに参戦しながらも2021年無事に大学を卒業しましたね♪

今回はそんな河本結選手が大学に進学した理由などを

卒業記念として記事に残そうと思います♪

高校時代からアグレッシブだった河本結選手

実は、高校時代も最初は、ゴルフの練習時間を充実させるために

茨城にある通信制の「ウェルネス高等学校」に進学していたのですが、

練習時間は取れるものの、生活リズムにメリハリがなく

だらけてしまうと感じ、結局は全日制の松山聖陵高等学校に編入。

その後は学業とゴルフを両立し卒業後、即プロ試験を受けるのか?

と思いきやまさかの大学に進学。

いったい何故あれぼどゴルフに執着していた彼女が

日本体育大学への進学を決めたのでしょうか

河本結日本体育大学に進学した理由

河本選手は他の同期の女子プロゴルファーたちとは違い

大学に進学した理由をこの様に語っていました。

大学生としていろいろなことを学んで、もしゴルフを終えても
社会に貢献できるようになろうと思ったんです。

この様に河本選手はゴルフに人生をかけつつもしっかり保険をかけ

その後の人生も見据えて大学進学を決めたようです。

一方で大学入学後はサードQTの資格でTP単年登録者(1年だけのプロの資格)

としてプロのツアーにも参戦しながら大学へもしっかり通い

そして同年7月にちゃっかりプロテストにも合格!

二足のワラジ作戦は大成功!という訳ですね。

しかもプロになったのだから大学は二の次かと思いきや

国内ツアー参戦中は、週末には試合に出ながらも、

平日には授業にも精力的に参加し、米LPGAに参戦していた昨年も

オンライン授業や特別課題もしっかりやり遂げ無事に卒業する事が出来ました。

流石にアグレッシブを地で行く河本選手と言ったところでしょうか?

河本結が大学在学中に得たものとは?

河本選手が卒業後のインタビューで在学中に学んだこととして、

他競技の学生らとの交流で大きな刺激を受けた事を挙げ

ゴルフだけをしていたら学べなかったこともたくさん学ぶことができた。
考え方だったり、心が一番変わったんじゃないかなと思います。
すごく濃い4年間でした

と精神面での成長を一番に挙げ笑顔で振り返っていたそうです。

また、在学中は栄養学などゴルフに応用できる分野の勉強も積極的に行い

これからも続く人生に役に立つスキルもしったり学んだようですね。

また、河本選手はプロと両立し4年で大学を卒業した事で、

自身の姿を同じくゴルフに励む後輩たちにプロを目指しながらも

大学への進学と言うもう一つの道がある事も示したのではないだろうか。

大学卒業後もプロとしての人生は続く

もちろん大学を卒業したからと言ってプロゴルファーとしての

河本結選手の人生は続いていくわけで、引退後の仕事なんて考えるのは

あまりに時期尚早ではあるが、河本選手本人は

ゴルフを引退した後の進路についてはまだ明確ににはしていないものの

今現在の気持ちとしては、

「まずはプロゴルファーとして世界の四大メジャーを取りたい」

続いて、プロゴルファーとしての人生が終わったあとも

社会貢献ができるような人になりたいとの事でした。

今後も河本選手の活躍を見守っていきたいですね♪

コメント

error:Content is protected !!