「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」原英莉花選手の結果

原英莉花

2020年一戦目を海外でスタートさせた原英莉花選手は、

「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」にて見事決勝ラウンドに出場!

予選ラウンドの初日こそ1オーバーと振るわなかったが二日目以降思い切ったゴルフで

見事決勝ラウンドに進出。

決勝ラウンド初日(3日目)は、原英莉花選手の誕生日!だったので、

 

この投稿をInstagramで見る

 

原英莉花(@warriorsmilerika_9)がシェアした投稿

黄金世代を応援する私としては、誕生日を最高なラウンドで!!と祈っていました!

しかし、決勝ラウンドでも出入りの激しいゴルフで、5バーディ、4ボギーの「72」でプレー。

1つスコアを伸ばし通算4アンダーとし、41位から31位に浮上したものの

誕生日の結果としては決して最高の結果とは言えない内容でしたね。

とはいえ、前年大会(2019)では、2日目に「79」と崩れて、17位から予選落ちした大会での

リベンジマッチと言う点では見事決勝ラウンドにコマを進めたのですから

成長している証拠ですよね♪

またラウンド後の本人のコメントでも「(21歳の目標は)怪我をしないですかね」と笑いつつ、

「失うものは何もない。どんどん攻めてバーディを獲りたいと思います」と

決勝ラウンド最終日に向けての意気込みを語ったそうです。

また2020年はゴルフクラブも新調し、セッティングも

ミズノさんにたくさんわがままを聞いて頂いてチェンジ完了しているとの事なので

活躍するのは間違いないでしょう

「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」最終日の原英莉花選手結果

そして迎えた最終日ですが、まず結果から言ってしまうと原選手の最終スコアは、

イーブンパー「73」でラウンドを終え、最終的なスコアは

トータル4アンダーのまま変わらず、26位タイと言う大会結果でした。

しかし同大会参加の日本人選手の中では一番の成績ですし、

まだ2020年の初戦ですから!まったく問題ありません!

逆に海外でもしっかりと成績を残せる選手に成長したという事もわかり、

これなら国内での2勝目もわりと早く観れるのではないかと言う期待が大きくなりました。

私としては、身近で観れる国内で今年も頑張って欲しいって思ってますw

まぁいずれは世界に・・選手の気持ちは傾いているんでしょうが、

まずは国内大会で黄金世代が活躍するところを観たいっす!

あ。それと余談ですが優勝したのは韓国の朴仁妃選手。

リオデジャネイロで開催されたオリンピックでも金メダルを取ったり、

全米チャンピョンの経験もある世界トップレベルの選手。

まぁあくまで余談ですけどねww

まだまいくぜ!!黄金世代!頑張れ!

 

コメント

error:Content is protected !!