プロゴルファー古江彩佳ってどんな選手?

次世代女子プロゴルファーetc

古江彩佳選手と言えば2019年、渋野日向子フィーバーで湧く中

アマチュアとして参加した富士通レディス(10月開催)で

最終日に首位と1打差の2位スタートからスタートし逆転優勝見事優勝!

国内史上7人目となるアマチュアでの優勝を飾った。

優勝後は11月のプロテスト前にアマ優勝した事でプロテスト免除となり

即プロに転向し、2019年のその後の試合でも

  • 第38回大王製紙エリエールレディスオープンで4位タイ
  • LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップで2位タイ

と、とても少し前までアマだったとは思えない安定したゴルフで

2020年以降、確実に上がってくると注目されていた選手です。

今回はそんな古江彩佳選手の事を探っていきましょう。

プロゴルファー古江彩佳の歴史

古江彩佳(ふるえあやか)選手は、2000年5月27日生まれの0型で

身長153㎝と大変小柄な印象をうける選手ですが、ゴルフをはじめたきっかけは

古江彩佳3歳の頃、普段ゴルフをやらない両親だったのだが、

母親の勤めている会社でゴルフコンペが開催される事になり、

母親と一緒にゴルフ練習場に行ったのがきっかけだと言う事です。

そしてそんな古江彩佳選手をみた父親が、これはちゃんと教えてあげたいという

親心からゴルフの勉強を始め、同時にゴルフも始めたそうです。

その後、古江彩佳選手は高校に入るまで

父親からゴルフの指導を受ける事になります。

と同時に水泳も始め体幹を鍛えていったそうですよ。

古江彩佳選手のジュニア時代

ジュニア時代のゴルフ大会での成績としては、

2012年(小学5年生)の時に行われた

「アオノジュニアゴルフ大会」で初優勝を飾り

「関西小学生ゴルフ選手権」でも優勝

2013年小学校6年生の時には
「アオノジュニアゴルフ大会」優勝
「関西小学生春季ゴルフ選手権」優勝
「カルビージャパンジュニアゴルフオールスター」優勝

などがある。

中学は神戸市立長田中学に在学し

2014年

  • 「関西中学校ゴルフ選手権」優勝
  • 「JJGAチャレンジジュニアゴルフオープン西日本大会」優勝
  • 「兵庫県中学校ゴルフ選手権秋季大会」優勝
  • 「JJGAジャパンジュニアゴルフオールスター全国大会」優勝
  • 「JJGAサマーゴルフジュニアクラッシック」優勝
  • 「ジュニアゴルフチャンピオンシップ」優勝
  • 「アオノジュニアゴルフ大会」優勝

2015年

  • 「アオノジュニア中高女子の部」優勝
  • 「兵庫県中学校ゴルフ選手権秋季大会 j3CUP」優勝
  • 「アオノジュニアゴルフ夏季大会」優勝
  • 「全国中学校ゴルフ選手権」優勝
  • 「関西中学校ゴルフ選手権」優勝
  • 「兵庫県中学校ゴルフ選手権新人大会」優勝

2016年

  • 「アオノジュニアゴルフ大会」優勝

と中学時代は積極的に様々な大会に出場し成績も納めています。

高校はサッカーでも有名な名門滝川第2高等学校に在学し

また同高校には、同級生に安田優香選手がいました。

高校時代の成績のほとんどが団体の成績なので個人での優勝は

  • 「全日本大学・高等学校ゴルフ選手権」優勝
  • 「第9回朝日新聞杯 関西高等学校ゴルフマッチプレー選手権」優勝
  • 「第65回関西女子アマチュア選手権 」優勝

ですが、この3大会で注目したいのが「全日本大学・高等学校ゴルフ選手権」

この大会では、同級生で現在プロで活躍中の安田裕香選手が2位。

他にも2021年現在ではプロとして活躍している西村優菜も名前を連ねていました。

またこの後、開催された2016年のLPGA「日本女子オープンゴルフ選手権競技」では

畑岡奈紗がアマで優勝しましたが、この試合にも出場しており

成績も28位タイと好成績を残しています。

同高校では、安田優香選手と切磋琢磨しながら一緒にプロを目指していたんですね♪

他にも、団体でも成績として、

  • 「兵庫県高等学校新人ゴルフ競技大会」団体優勝
  • 「近畿府県別対抗ゴルフ大会」団体優勝
  • 「第14回ネイバーズトロフィーチーム選手権」団体優勝
  • 「日韓親善マッチ選手権 」団体優勝
  • 「PGAジュニアゴルフ選手権 」団体優勝
  • 「ISPS HANDA日韓対抗中学高等生ゴルフ選手権 」団体優勝
  • 「日韓対抗中学・高校生ゴルフ選手権 」団体優勝
  • 「トヨタジュニアゴルフワールドカップ 」団体優勝

とくに2018トヨタジュニアゴルフワールドカップでは、

安田優香、西村優菜と共に、2位の韓国に10打差をつけ優勝!

この世代の強さを見せつけましたね♪

高校卒業その後・・・・

古江彩佳選手は、高校卒業後はプロテストを受けると決めていたため、

4月からは、六甲国際ゴルフクラブで研修生として働きながら練習を重ね

11月のプロテストをまっていまいた。

その練習期間である2019年シーズンはプロの試合にも積極的に参戦。

6回のローアマチュアを取るなどアマの中でも

ずば抜けて安定したゴルフをしていましたね。

そう考えると、あの優勝も勝つべくして勝った試合とも言えるかもしれません。

その後も

  • 第38回大王製紙エリエールレディスオープンで4位タイ
  • LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップで2位タイ

など、安定した強さと落ち着きぶりをみてこれは2020年シーズンは

黄金世代を抜いて古江彩佳くるぞ!と思っていましたが….

2020年に入りコロナが蔓延。

中々シーズンが開始されない中でようやく開催されはしましたが

2020年シーズンと2021年シーズンは統合される事になったり色々ありました。

しかし古江彩佳選手は2020年シーズンに入ると

常に上位争いをするメンバーの中にいるではありませんか。

そして2020年~2021年シーズン途中ですが、

  • 第39回大王製紙エリエールレディスオープン
  • 第36回伊藤園レディスゴルフトーナメント
  • 第51回デサントレディース東海クラシック

と既に3回の優勝を飾っています。

夢は賞金女王!!

憧れの選手は宮里藍!

古江彩佳選手が賞金女王になる日は来るのか?

楽しみに見守っていきましょう♪

コメント

error:Content is protected !!