第51回デサントレディース東海クラシック【黄金世代の結果】

JLPGA試合に関する情報2020年

第51回デサントレディース東海クラシックと言えば、昨年大会で渋野日向子選手が

最終日に首位と8打差をひっくり返して大逆転優勝を挙げたあの試合ですw

今年は無観客試合ではありますが、黄金世代からも12名が参戦。

まずは全員予選突破を目標にしたいところですね♪

また、その他の黄金世代、植竹、松原、小倉はステップアップツアーの

ユピテル・静岡新聞SBSレディースに参戦しています。

第51回デサントレディース東海クラシック概要

開催コース::新南愛知CC美浜コース(愛知)
6,456Yards Par72(36,36)
開催期間:9月18日~9月20日(無観客試合)
賞金総額:8,000万円(優勝賞金)1,440万円
昨年度優勝者:渋野日向子

TV放送
▼フジテレビ系列27局ネット
・初日 9月18日(金)
14時50分~16時49分 東海テレビ
・2日目 9月19日(土)
14時~15時25分 東海テレビ 生中継
・最終日 9月20日(日)
16時5分~17時20分 全国ネット

▼BSフジ
・初日 9月18日(金)
15時~17時
・2日目 9月19日(土)
14時~15時25分 生中継
・最終日 9月20日(日)
11時~12時 生中継

デサントレディース【黄金世代】予選初日の結果

  • 吉川 桃  (-5)6位タイ
  • 小祝 さくら(-3)15位タイ
  • 高橋 彩華 (-2)26位タイ
  • 勝 みなみ (-1)40位タイ
  • 原 英莉花 (-1)40位タイ
  • 浅井 咲希 (-1)40位タイ
  • 木下 彩  (±0)50位タイ
  • 吉本 ひかる(+1)65位タイ
  • 新垣 比菜 (+1)65位タイ
  • 大里 桃子 (+1)65位タイ
  • 田中 瑞希 (+3)84位タイ
  • 臼井 麗華 (+4)103位タイ

まずは初日の結果ですが、先週に引き続き小祝さくら選手が3バーディーノーボギーと

相変わらず安定したゴルフで首位をうかがえる位置をキープしていますし、

吉川桃選手も5バーディーノーボギーと最近調子がよさそうですね♪

まぁまだ初日なのでなんとも言えませんが、その他の選手は

イマイチ波に乗れていない感じがします。

一方で波に乗っているのが、プラチナ世代など更に若い選手たちで、

古江 彩佳選手と吉本 ここね選手が2位タイ、

さらには澁澤 莉絵留選手、稲見 萌寧選手、笹生優香選手が10位タイと好位置をキープ。

個人的には、黄金世代のメンバーにこういう状況を作ってほしかったのですが

どんどん強い若手が出てくるのが今の女子ゴルフなのかもしれませんね。

デサントレディース【黄金世代】予選2日目の結果

デサントレディス2日目

TOPはあずま軍団長!東 浩子選手とプラチナ世代!古江彩佳が11アンダーで並び

そのあとを追う形で鈴木愛選手やイ・チヒ、サイ・ペイインといったベテラン選手が

追う形で試合自体はベテラン勢が頑張っていて大変盛り上がっています。

一方黄金世代の選手の成績はと言うと、

  • 小祝 さくら(-3)26位タイ
  • 勝 みなみ (-3)26位タイ
  • 大里 桃子 (-3)26位タイ
  • 吉川 桃  (-3)26位タイ
  • 高橋 彩華 (-1)42位タイ
  • 原 英莉花 (-1)42位タイ

ーーーーーカットラインーーーーー

  • 浅井 咲希 (±0)40位タイ
  • 新垣 比菜 (+2)69位タイ
  • 田中 瑞希 (+3)74位タイ
  • 木下 彩  (+3)74位タイ
  • 吉本 ひかる(+4)85位タイ
  • 臼井 麗華 (+7)96位タイ

予選突破は半分の6名・・・・しかも上位選手でもTOPとの差は8打差と絶望的。

ん?8打差?あれあれあれ~みなさんデジャブ?たしかこの試合で・・・

昨年8打差をひっくり返して逆転優勝した人がいましたよねぇ(笑)

と言う事で、最後まであきらめず応援していきましょう!

デサントレディス最終日!黄金世代の選手の結果は

黄金世代の最終スコアはご覧の通りと相成りました。

  • 大里 桃子 (-4)25位タイ
  • 小祝 さくら(-3)34位タイ
  • 吉川 桃  (-3)34位タイ
  • 原 英莉花 (-1)37位タイ
  • 高橋 彩華 (±0)43位タイ
  • 勝 みなみ (+2)46位タイ

残念ながら2020年のデサントレディスでは最終日に黄金世代の選手が活躍し

優勝争いに絡むことはありませんでしたが、それよりも更に若い世代が躍進。

デサントレディス最終日は終日、東選手と古江選手の一騎打ちに!

この戦いが本当に素晴らしかった。

お互いノーボギーでバーディーを奪い合い、最終18番までお互い譲らず。

更に18番では古江が超ロングパットでバーディーを奪い決まったか!!と思われたが

東選手も意地でロングパットを入れ返しお互いバーディーとしプレーオフへ。

そしてついに・・・・・

東選手とプレーオフの末、ついに古江選手がプロ入り後初優勝を飾りました。

昨年、アマで富士通レディス優勝後プロ入りした古江彩佳選手は

去年から割と安定して上位に食い込んでいたこともあり、

正直笹生選手が出てくるまでは若手ナンバーワンとも思えるほどのショットの安定感、

そしてメンタルの強さがあると思っていて、

いつプロ入り初優勝してもおかしくないとは思っていましたが・・・

プレーオフ1ホール目の2打目、優勝を決めたと言ってもいい

ピンそば約10cmくらいの距離につけたショットはホントお見事!!でした。

プロ入り初優勝おめでとうございます。

 

コメント

error:Content is protected !!